キャリア採用情報

社員インタビュー

採用情報 > キャリア採用情報 > 社員インタビュー > 海外営業/グラフィックデザイナー

2016年入社【新卒】

海外営業/グラフィックデザイナー

これまでどういった職種を経験してきましたか?

イギリスの芸術大学で美術・デザイン全般を勉強した後、新卒でカドーに入社しました。

カドーを選んだ理由を教えてください。

クリエイティブ界で仕事をする上で、マーケティングの知識をつけたいと考えており、カドーはどちらも挑戦できる環境でしたので入社を決めました。芸術大学では、「視野を広げ、感性を磨く」「自己を表現する」ことに重きを置いた学びでしたので、それをどうやってシゴトに繋げるかを学べる環境だと感じました。また、少人数体制で各々が広範囲に渡って仕事をこなしていると聞き、新入社員としてとても幅広く経験を積めることに価値を感じたことも理由です。

カドーでのお仕事を教えてください。

海外営業としては、海外代理店から受注を受け、発注の手配をしますが内容は多岐に渡ります。他にもマーケティングに関する相談に対応し、ソリューションを考えて提案をしています。また、新販路開拓のためにマーケットリサーチなどもしております。
デザイナーとしては、海外のカタログやPOPなどのビジュアルマテリアルを制作しています。国や地域によって見せ方を変えているのでとてもやりがいがあります。

 

一日のお仕事の流れを教えてください。

各国の代理店から日々色々なリクエストが飛び込んで来るので、瞬時に優先順位を見極め、素早く且つ丁寧に対応することを心がけて対応しています。
大きなデザイン業務がある際には、前もって予定を立てて、デッドラインをきちんと守るようにしています。製造側の方々とお仕事をする機会が増え、一つ提出が遅れれば、大きくプロダクションのスケジュールに響いてくるので、スケジュール管理は基本的なことですがとても重要だと感じています。

そのお仕事の醍醐味は?

自分の大好きな英語を使うこと、人とコミュニケーションを取ることがカドーでの仕事に活かすことができてとても楽しいです。また、cado製品が実際に海外で認知され、お客様の手に届いているのを間近で見ると、もっともっと海外代理店や、製造サイドのサポートを頑張りたいなと思います。

これからカドーで何を実現していきたい?

マーケットは国によって家電製品に対する需要が違います。ですので、それぞれの生活に寄り添う見せ方を考えることが大事なことだと考えています。”cado” の貫いたブランドイメージは崩さずに、どう世界に率直に魅せていけるか、もっともっと研究して、挑戦してみたいと思います。

一言でカドーの魅力を教えてください。

ファンキーで個性的!おもしろい会社です!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加